港湾管理者沖縄県
担当部署土木建築部港湾課計画調査班
地元自治体沖縄市・うるま市
 離島の多い本県では、リサイクル処理施設のない離島から処理施設のある沖縄本島までの海上輸送が不可欠となっている。本県では、港湾背後にリサイクル施設の集積があるのは当該地区のみであり、廃家電の指定引取場所や廃タイヤの中間処理業等が立地している。
 当該地区は、沖縄本島中部に位置するため、本島内の循環資源の集約も行いやすく、また、沖縄本島内で処理できない循環資源が県外へ輸送されている。
島嶼県における循環型社会の構築を目指して、離島からの資源回収、県内での再利用、県外への移出を図るとともに、県内で処理できない産業廃棄物等の搬出など、適正な利用と最終処分の仕組みを確立する必要がある。
県内各地から循環資源を中城湾港新港地区へ集約し、沖縄県の拠点港として一括した輸送を図るための施設整備を行う。
○2002年12月 廃棄物適正処理推進連絡会議設置
○2009年3月 リサイクルポート利用促進マニュアル(案)を策定
○2011年3月 リサイクルポート利用促進マニュアルを策定
港湾背後地に鉄スクラップ、廃家電、廃自動車を受け入れる製鐵所や、ペットボトルをチップ化処理する企業等が立地しており、県内のリサイクル拠点及び循環資源輸送の中継拠点としての機能を持つ。
本島中部の東海岸に位置し、沖縄本島内の各地から循環資源の集約が行いやすい。
循環資源の利用促進マニュアル
パンフレット
主要な海上輸送
宮古島や石垣島から不定期船で金属くずや廃自動車等を、また、鹿児島から鉄くずを移入している。
移出については、再生後の金属製品を愛媛へ、鉄原料を関東・九州へ、廃タイヤチップを宮崎等へ輸送している。
中城湾港のページ
http://www.pref.okinawa.jp/kowan/index.html
リサイクルポートの関連ページ
 
ポートセールスのページ
http://www.pref.okinawa.jp/zone/
沖縄市のページ
http://www.city.okinawa.okinawa.jp/site/view/index.jsp
うるま市のページ
http://www.city.uruma.lg.jp/
画面を閉じる