港湾管理者愛知県
担当部署愛知県建設部港湾課経営グループ
地元自治体豊橋市
 三河港は、国内外の自動車メーカーが集積する世界でもトップクラスの国際自動車港湾です。このようなポテンシャルを活用し、自動車に関連した生産・物流・リサイクル機能の体系的な整備などを目指し、神野地区・大崎地区において自動車リサイクルシステムの構築、具体的には、中古車オークション事業、使用済みの自動車の解体・プレス等を行う事業、解体後に発生する部品等を破砕・リサイクルする事業などを計画しています。
自動車貿易港湾であり、輸出、輸入ともに世界でもトップクラスの取扱量【取扱台数】輸出 64万台、輸入 13万台(H23)
日本最大級のシュレッディング施設が稼動
臨海部に広大な用地があり、自動車関連企業が集積していることから自動車リサイクルのポテンシャルが高い
国際自動車港湾としてのポテンシャルを活かし、自動車リサイクル拠点を目指す
○2003年4月 リサイクルポート研究会設立
○2007年3月 「三河港自動車港湾シンポジウム」を開催(国際自動車コンプレックス推進協議会)
○2008年2月 「三河港自動車港湾シンポジウム」を開催(国際自動車コンプレックス推進協議会)
リサイクルポート研究会をこれまでに31回開催
循環資源の利用促進マニュアル
パンフレット
主要な海上輸送
   
三河港のページ
http://www.pref.aichi.jp/kowan/
リサイクルポートの関連ページ
 
ポートセールスのページ
 
豊橋市のページ
http://www.city.toyohashi.aichi.jp/port/index.html
三河港振興会のページ
http://www.port-mikawa.jp/
画面を閉じる