港湾管理者青森県
担当部署県土整備部港湾空港課港湾振興グループ
地元自治体八戸市
 八戸港周辺のリサイクル事業の特徴は、リサイクル関連企業が相互に連携して取り組んでいるゼロエミッション体制です。廃自動車、廃家電、廃プラ、焼却灰、溶融飛灰などの廃棄物を全て再資源ととらえ、再製品化して廃棄物ゼロモデルを構築しています。
 今後は、リサイクル関連企業の集積と高度なリサイクル技術を活かしたリサイクル事業のさらなる発展が見込まれています。
臨海部に製鉄、電炉、精錬、セメント、飼料等の工場が集積し、既にリサイクル事業、静脈物流が行われている(循環資源の処理量は年間43万t)
○2003年7月 八戸地域エコタウンリサイクル推進協議会設置
○2004年3月 リサイクルポート利用促進マニュアルを策定し、積極的なポートセールスを推進する
「あおもりエコタウン」「環境・エネルギー産業創造特区」「八戸地域新エネルギー源開発」等八戸地区での環境・エネルギー事業の事業化が稼動中、および計画中
循環資源の利用促進マニュアル
パンフレット
主要な海上輸送
廃タイヤチップを関東・東北から海上輸送で実施中
廃自動車、廃家電を関東、全国から海上輸送することを検討中
リサイクル製品の人工砂利の海上輸送による全国販売を検討中
八戸港のページ
http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kendo/kowan/index.html
リサイクルポートの関連ページ
 
ポートセールスのページ
 
八戸市のページ
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/  
画面を閉じる