港湾管理者石狩湾新港管理組合
担当部署振興部計画施設グループ
地元自治体石狩市・小樽市
 北海道の日本海側を臨む石狩湾新港は、経済成長の著しい北東アジア諸国との国際的なリサイクルネットワークの形成に優位な地理的条件であるとともに、背後には、札幌圏の生産・流通の拠点である石狩湾新港地域(開発規模3,000ha、立地企業数700社)が広がっており、札幌を中心とした大消費地と直結した効率的なリサイクル事業の展開が可能となっています。
 さらに、平成15年には石狩湾新港リサイクルポート推進協議会を設立し、同港を核とする広域的なリサイクルネットワークの拠点形成に向け、各種事業に取り組んでおります。
臨港地域に700社以上の企業が立地する臨海部の生産・流通の拠点が形成されている
循環資源の大量発生地域である札幌圏に位置し、消費物資の効率的な集荷が可能
金属くずの輸出貨物は道内最大であり、国際静脈物流の拠点が形成されている
新港地区内に自動車リサイクル関連企業が立地し、北日本最大の自動車リサイクル拠点を形成(道央圏からの発生予測量の半数以上を処理する能力を有する)
○2003年5月 石狩湾新港リサイクルポート推進協議会設立
○2003年6月 石狩港新港リサイクルポート指定記念セミナーの開催
○2009年4月 北海道内指定3港共通の「北海道リサイクルポート利用促進マニュアル」を作成
石狩湾新港リサイクルポート推進協議会による各種事業(視察会やセミナー)の実施(毎年)
札幌圏のリサイクル拠点の創出
循環資源の利用促進マニュアル
パンフレット
主要な海上輸送
金属くずの輸出量は、北海道内シェアーの約4割を占める
韓国と結ぶ外貿定期コンテナ船により、古紙や中古部品を輸出
石狩湾新港のページ
http://www.ishikari-bay-newport.jp/
リサイクルポートの関連ページ
http://www.ishikari-bay-newport.jp/topics/t_recycleport.html
ポートセールスのページ
 
小樽市のページ
http://www.city.otaru.hokkaido.jp
石狩市のページ
http://www.city.ishikari.hokkaido.jp
石狩湾新港リサイクルポート推進協議会
http://www.ishikari-bay-newport.jp/supporter/s_recycle.html
画面を閉じる