港湾管理者室蘭市
担当部署室蘭市港湾部総務課
地元自治体室蘭市
セールスポイント
 室蘭港は、北海道噴火湾の東端に位置する天然の良港として、広大な静穏水域を有し、国際海上輸送の拠点となっている国際拠点港湾です。また、室蘭市は鉄を中心としたものづくりが盛んであることから、取り扱われる循環資源は、金属くずが主なものとなっております。この他にも、セメントキルン、コークス炉、高炉、転炉などの大規模なリサイクル関連プラントをはじめ、再生アルミ地金製造、鉄スクラップ処理・加工、環境関連装置製造、環境分析事業などを行う事業所が立地しているほか、北海道と東北・北関東など15県のPCB廃棄物の無害化処理プラントが、平成20年5月から本格操業しています。また、国立大学法人室蘭工業大学地域共同研究開発(CRD)センターと企業との共同研究、財団法人室蘭テクノセンターによる研究支援などが活発に行われています。
港湾設備の方向性
臨海部に製鉄、製鋼、セメント等の循環資源処理が可能な施設が集積していることから、市との連携による、これらの技術を活かした循環資源処理の推進。
リサイクルポートの取組み
○2003年1月 室蘭港・苫小牧港リサイクルポート推進連絡会議の設立
○2010年1月 「船が生まれ変わるまち室蘭プロジェクト」による漁船の解体実施
○2010年3月 「先進国型シップリサイクルシステム構築に関する調査」によるPCC船の解体実施
道内及び東北・北関東等15県のPCB輸送港湾としての実績
指定港の情報
マニュアル・パンフレット等
循環資源の利用促進マニュアル
パンフレット
主要な海上輸送
現況、計画のリサイクル事業の多くは当面の集荷エリアを道内としているが、一部道外からの海上輸送を実施しており、室蘭港の役割は大きい。
リサイクルポート指定港のホームページ
港湾トップページ
http://www.city.muroran.lg.jp/main/sangyo/kouwan.html
リサイクルポート関連ページ
http://www.city.muroran.lg.jp/main/org8100/recycle_port.html
ポートセールスのページ
 
室蘭市のページ
http://www.city.muroran.lg.jp/main/index.php
画面を閉じる